【解説】車ローンと年収の関係とは?ローンを組むならいくらくらいが目安になるの?

2017年03月18日 20時08分

車ローンを利用する前に年収チェックをしよう!

車を買うときの予算は、車両本体価格だけではないと知っていましたか?実は、車を買うときには、消費税はもちろんですが、自動車取得税や自動車税、さらに事務手数料や車検料など、車両本体価格以外にもたくさんのお金がかかります。

さらに、ガソリン代や維持費なども必要なので、単純に年収だけで購入すると後で後悔することになります。

だから、車を買うときには、車ローンをどのくらいまで利用するのかもしっかりと考えないといけません。ローンの支払いにアップアップしては意味がないのです。

 

車選びの目安は年収の半分!ゆとりを持った返済を!

では、いくらくらいの車を購入するのがいいのかですが、目安としては年収の半分の車を購入するといいでしょう。

例えば、年収が500万円なら250万円の車だということです。毎月の維持費や車ローンを考えると、このくらいに抑えていた方がいいです。

逆に、あまり安い車だと、かえって燃費が悪いこともありますので、長い目で見ると燃費性能が良い車の方が安くなることもあります。また、車を購入するときには、ある程度の頭金を用意した方が、返済もスムーズにいきますのでお勧めです。

 

車ローンを組むときの融資額の目安とは?

では、車ローンを利用するときには、どのくらいのローンがいいのでしょうか。基本的には、年収の35%くらいが目安だと言われています。

だから、年収500万であれば、175万円だということです。最近は金利が低い車ローンもありますが、無理なローンはあなたの首を締める結果になりますので、車ローンを組むときには十分注意してください。

ただ、年収に見合ったローンを組めば、車ローンはあなたをサポートしてくれるとても有意義なものになりますので、ぜひ利用してください。

 

どこの車ローンがお勧めなのか?

車を購入するときは、要するに無理なく返済できればいいので、金利が安い金融機関であればどこでもいいと思っている方もいますが、できることなら、お得なキャンペーンなどを実施している金融機関の方がより良いです。

お得なキャンペーンを実施しているのは、最近ではネットバンクが多いです。ネットバンクは、楽天銀行などを始めとした、最近利用者が急増している銀行です。

実店舗があるわけではありませんが、その分経費がかかっていないので、金利を安くするキャンペーンをよく行っています。ネットバンクならいつでもどこでも申し込みも可能です。