車ローンには年齢制限はあるのか?審査攻略のための3つのヒントを教えます!

2017年03月18日 20時09分

車ローンには年齢制限があるの?

せっかく良い車を乗り回そうと思って、車ローンを利用しようと思っても、年齢制限に引っかかっては意味がありません。では、車ローンには年齢制限があるのかといいますと、実際に年齢制限はあります。

例えば、未成年は申し込みができませんし、逆に年金生活者も制限されることもあります。ただ、未成年の場合は収入が無いので審査に通りませんが、年金生活者の場合は年金という収入がありますので、一概に審査落ちするとは限りません。

だから、金融機関によって審査はバラバラなので、担当に確認するといいでしょう。

 

完済時の年齢が大事!ギリギリ利用できる年齢とは?

車ローンの場合に限ったことではありませんが、完済したときの年齢が大事です。例えば、今は50歳であったとしても、10年ローンを組めば完済したときには60歳ですし、60歳であれば完済するときには70歳です。

基本的には65歳を境に定年退職する人が多いので、金融機関としても完済するとき年齢には敏感になっています。ローンの申し込みのときには現役世代でも、やはり完済するときには年齢生活者になるのであれば、審査も慎重になります。

なので、55歳くらいまでがギリギリの年齢と言えます。

 

未成年でもアルバイトをしていたらどうなる?

未成年が車ローンを利用できないのは、成人していないので責任能力が無いと判断される理由もあります。ただし、保護者が保証人になるのであれば話は別です。

だから、大学生であっても、保護者の同意があり、保護者が保証人になるのであれば、車ローンに契約できます。だから、年齢制限に引っかかっているからといって諦めるのはまだ早いです。金融機関に相談すれば、実際に未成年であっても問題なく車ローンを利用できることがあります。

また、本人がアルバイトをしていたら、少額であれば車ローンを利用できることもあるので、まずは相談ですね。

 

年齢制限以外に審査に通るためのポイントは?

年齢制限も大事ですが、他にも審査に通るためにはいくつかポイントがあります。社会人の方であれば、勤続年数が大事です。勤続年数というのは、あなたがどれだけ今の勤め先で働いているかを示すものですから、それは収入が安定しているかどうかの判断にも繋がってきます。

だから、職を転々としている人は、あまり車ローンを利用できないということです。

だから、高額ローンを組みたいのであれば、一箇所のところにしっかりと腰を据えて勤めることによって、車ローンをより利用しやすくなります。