車ローンを選ぶならどこがお勧め?無料であなたにぴったりの探し方を伝授します!

車ローンで苦しむのはもう止め!一括返済をやろう

せっかく新車を購入しても、毎月のローンで苦しむと楽しいカーライフを送ることはできません。ローンで苦しむくらいなら、一括返済できるように心がけましょう。

では、車ローンを一括返済しようと思ったら、どうすればいいのかといいますと、まずは実際にローンを利用している金融機関に相談するといいでしょう。一括返済するメリットは、当然毎月の支払いから解放されることですが、ではどうすれば一括返済できるのでしょうか。

そのための計算方法はどうすればいいのかなどをお伝えします。


一括返済するときに金額を確認するための方法とは?


車ローンを一括返済するときには、契約時にもらう返済予定表などをまずはチェックしましょう。もしくは、大手金融機関であれば、会員ページから自分の残高などを確認することができますので、それを見てもいいでしょう。

または、電話で直接担当者に連絡して、一括返済時の金額を確認するのも手っ取り早いです。一括返済するときに注意することは、利息を含んだ場合はいくらになるかです。

それをきちんとチェックしておけば、自分が一括返済できるかどうかがわかります。



一括返済はお得なの?それとも手数料分損するの?


一括返済することによって、毎月の金利を支払わずに済みますので、一見お得なように見えますが、実はローン会社によっては一括返済のときには手数料がかかる場合があります。

この手数料がバカにならない金額だったら、一括返済すると金利以上の金額になり、トータルで考えると損してしまう可能性もあります。

だから、契約するときには、毎月の金利だけではなくて、一括返済するときの手数料の有無などをしっかりとチェックしましょう。あらゆるパターンを想定して契約することが大事です。

 

車ローンを組むなら一括査定サイトが便利


車ローンはたくさんありますので、どうやって調べればいいのか迷う方はたくさんいます。また、自分にとってお得なのかどうかを判断するのも困難な場合もあります。

そんなときには、無料で利用できる一括査定サイトを利用しましょう。一括査定サイトというのは、何十社もある金融機関から、あなたにとってベストな車ローンを教えてくれるとても便利なサイトです。無料で利用できるので、一度は利用してみる価値は十分あります。

たったの5分程度でできますし、さらに利用者も500万人以上います。

 

車ローンならどこがお勧め?金利の低いところは?


車ローンを利用するなら、一括サイトを使って探すのもいいですが、一般的にどこの金融機関が金利が安いとされているのかといいますと、労働金庫がお勧めです。

労働金庫は車ローンを提供していることが多いのですが、最大のメリットは金利が低いことです。また、返済期間は10年以上でもいいので、ゆったり返済することが可能です。毎月の負担もそこまでありませんので、あなたが思っている以上に楽々ローンが可能です。

さらに、車ローンとはいえ、自転車の取得費用にも利用できますので、用途が広いのもメリットです。

 

労働金庫のデメリットはこれだ!


ただ、労働金庫にもデメリットがありまして、それは審査期間が長いということです。約2週間くらい審査にかかりますので、急いでいる方にとってはデメリットです。

だから、労働金庫を利用するなら、特に急いでいない方の方がいいでしょう。労働金庫は全国にありますので、もしも近所にあったら、ぜひ話しだけでも聞いてみるといいでしょう。

車ローンは住宅ローンなどと比べて少額とはいえ、何十万円もしますので、金利面で損しないためにも、どのような返済計画が可能なのかを把握しておくことは大事です。

 

車ローンの借り入れの目安は?金額はいくらがいいの?


車ローンを利用するなら、どのくらいの借り入れ金額が妥当なのか?最近は頭金無しでも車ローンを利用できるところは増えてきましたが、それでもやはり頭金を用意した方がローンの額は少なくて済みます。

ローンには金利がかかりますので、それだけあなたの負担になります。車を買うためにしっかりと貯金して、ローンを組むときにはできるだけ負担のかからないようにするといいでしょう。

また、車ローンを利用するなら、100万円を限度としてローンを組むといいでしょう。

 

年収から考える借り入れ金額とは?


ただ、あなたの年収によっても、車ローンの金額は変わってきます。年収が低ければ、それだけローンはリスクになりますので、高いローンを組むのはお勧めできません。

一般的には、年収の30%前後のローンが妥当だと言われていますので、年収が500万円なら150万円~200万円程度までなら許容範囲でしょう。

ただ、ローンの返済以外にも毎月の出費があるなら、それも考慮して返済計画を立てる必要があります。まずは、金融機関でその辺りをしっかりと相談してください。